メインイメージ画像

見直ししないと損をする

自らの医療保険を見直しませんか?現在あなたが入っている医療保険のプランはどんな契約の内容になっているか分かりますか?最近新たな型の保険が色々と出ていますよ。今あなたが加入している保険の中身より保障が良くなることもありますね。さらには家庭をもったり出産をしたりあなたのライフプランにそって見直していく必要がでてきますよ。支出を減らす為に月々の保険料を少なくしていきたい場合など、見直す理由となるのは人それぞれあります。

いずれの場合も、保障の内容やタイプは、商品を比較してから自身にあった保険の見直しをするといいですね。

医療保険に入る時の年代によって支払う保険料が変わる事をご存知でしたか。入った年代が若いほど一般的に保険料は安くなりますよ。ところが、今は高齢になってからも安い金額の保険料で加入できるものも多いのです。

保険料が掛け捨てタイプのかわりに、ある程度の入院給付金が支払われるものや、例えば、契約者の死亡時に、葬儀のための費用の一部が支払われるものなども。年代に応じて必要とする保障の中身も違いますよね。これらにもそって入る医療保険の商品を考える事が大事です。

医療保険で給付金を受けた場合は、税金は払うのかどうかあなたはご存知ですか?病気や怪我によって入院、手術などを行った場合に支払われる入院給付金や手術給付金は、基本的に非課税になりますよ。

手術などは金額の必要になりますし、非課税になっているのはいいですね。一方で、注意しなけらばいけないのが、確定申告ですよ。医療費控除をする時は、既に支払われている給付の金額を引いた上で医療費の控除を計算していきます。入院や手術を受けたりで医療費が高額になった対象の一年間はこの点に覚えていて確定申告を受けて下さいね。

更新情報